none

校長あいさつ

笠懸西小学校は、群馬県下一のマンモス校であった笠懸小学校より分離し、令和4年4月7日に児童数426名で開校しました。

本校は、みどり市笠懸地区の西部に位置し、北には鹿田山、東はみどり市笠懸庁舎、西には「おおたんぼ」と呼ばれる大きな水田が広がっています。また、南には国道50号線と太田藪塚インターチェンジへのアクセス道路があり、交通量の多い地域です。

また、交通アクセスのよい校区には、近年大型スーパーが進出したり、新しい住宅が次々に建設されたりするなど、今後児童数の増加が予想される地域でもあります。

校舎は、自然換気システムや地中熱利用を取り入れるなど最新の設備が施されています。また、「ラーニングヒル」と呼ばれる大きな階段や「みどりプラザ」と呼ばれる半屋外空間、図書室前や教室前の多目的スペースなど様々な利用に対応できる空間があります。さらに、各教室には電子黒板が設置され、図書室には開放的な読書スペースがあり、子供たちの「主体的で深い学び」につながる施設、設備も整っています。

子供たち、教職員ともに、開校を喜び、感謝の気持ちをもって学校生活を送っています。


令和4年4月7日
みどり市立笠懸西小学校
校長  吉田 努
none

児童会・クラブ活動・委員会活動

none

PTA 活動・地域の活動

none

家庭学習 e ライブラリ

error: このページのコピーは禁止されています