7月17日(水)に自転車交通安全教室を行いました。
本田技研さんからこの交通安全教室のプログラムを戴き実施していて、今回が2年目となります。
内容は1時間目に座学として「交通社会人としての考え方」を学びます。
2時間目には校庭で実際に自転車を運転して「8の字走行」と「反応・回避プログラム」を行います。
「8の字走行」では一般道で必要とされる状況判断や相手を気遣う大切さ、思いやりを学ぶプログラムです。
また「反応・回避プログラム」では、人が行動するには認知・判断・操作が必要であることを体感し、安全運転につなげるプログラムです。
今日の体験を活かして、自転車による交通事故をゼロにしましょう。

1時間目は座学です

みんな、真剣に聴き入っています

2時間目は自転車での実習です

15人で8の字走行をしています

 

相手のことを考えて乗っています

 

次は反応・回避のプログラムです

 

コーンの所まで行くと指示が出ます

 

旗が揚がった方向と反対の方向によけます

うまくいきました

両手が上がったら止まります