本日、体育館で始業式を行い、3学期がスタートしました。始業式では、教頭先生による開会の言葉に続き、全校生徒での校歌斉唱を行いました。その後、校長先生が話をされ、教頭先生の閉会の言葉により閉会となりました。

校長先生の話は、以下の内容でした。

2019年は平成最後の年であり、元号が変わるなど、歴史的に大きな転換点となる年。その大きな転機を迎える年に、今までをしっかりと振り返って上で、各人が夢を持って取り組んでいってほしい。夢の実現に当たっては、具体的な取り組みを考えて努力をしていこう。夢を叶えるのは自分、努力をするのも自分。努力をしなければ夢は叶わない。ぜひ強い気持ちを持って自分の夢をかなえていこう。また、夢を叶えるために、支えてもらっている人たちにも感謝を忘れないでほしい。今日一日を大切にすることは、自分の未来を大切にすることにつながる。今日という日、今を大切にして未来を築いていこう。笠中生全員にとって光り輝く年となるようにがんばっていこう。

笠中生全員にとって素敵な年になるよう、願いを込めて、3学期がスタートしました。3学期もがんばりましょう!