JRC登録式を5月8日(火)5校時に行いました。

式の初めに、青少年赤十字についての成り立ちや、赤十字の父であるアンリー・デュナンの考え、赤十字の7つの基本原則などを学習しました。JRC委員の声に耳を傾け、説明とともに映されるスライドを見ながら、生徒たちは真剣に聞いていました。

その後、世界規模で広がる赤十字の考えが、自分たちの身近にある青少年赤十字の態度目標である『気づき・考え・実行する』へとつながっていることを心に留めて、登録式を行いました。

JRC委員長からは、本校のJRC活動内容と、昨年度本校のJRCのスローガンとして生まれた『プラスワン~まごころをかたちに~』についての説明がありました。

「本校のJRCのスルーガンである『プラスワン』とは、『与えられた役割に、何かひとつ、自分で気づいたことを足すこと』。JRC精神は思いやりの心、まごころそのものです。『プラスワン』を合い言葉に、みなさんのまごころを形にしていきましょう。」という力強い言葉で、JRC委員長から説明がありました。

登録式終了後の片付けの時には、早速生徒たちから、「何か手伝うことはありますか?」「他にやることはありますか?」という言葉が出てきました。

今年も「プラスワン」という言葉の意味を学校生活の中で生かしていきましょう。