みどり市出身の星野富弘さんの作品から、本校の美術の授業に詩画を制作しています。

詩画の制作に当たっては、生徒が思い入れのある物や写真を持ち寄り、それをテーマに詩画制作を行っています。

この授業は、本校教諭の喜多先生が群馬県総合教育センターの特別研修の取組としても行っています。この授業の実施に当たっては、富弘美術館の方々にも協力をしていただいています。

6月には3回実施しますが、市内の小中学校や関係者に案内を出し、授業を公開しています。

生徒は持ってきた物や写真を熱心に観察しながら制作を行っています。

それぞれの思いや気持ちをしっかり見つめ、素敵な作品の完成になることを楽しみにしています。