交通安全教室を行いました。今回行った交通安全教室は、群馬県土木整備部や本田技研工業が作成したプログラムに基づき実施しました。

各学年とも2時間を使って実施しました。1時間目は「人への思いやりや命の大切さ」をテーマとして座学を、2時間目は「自ら交通事故から身を守る」をテーマとして、校庭で自転車に乗って実習を行いました。

座学ではパワーポイントを使って、交通ルールやマナーの重要性、事故の影響や自己責任について学びました。

実技では、8の字走行を通して混雑した中での安全確認の重要性や相手を気遣うことを学んだり、指導者の旗の操作を見て自転車の操作の重要性を体感したり、脇見や片手運転の危険性を体感しました。

今回の交通安全を手がかりとして、自転車による交通事故をなくしていきましょう。