12月11日(金)に学校保健委員会を行いました。

今回は、1年生を対象として、スクールカウンセラーの大関先生から、『言葉を使わないコミュニケーション』についてお話していただきました。この講演では『色分けゲーム』と『バースデーライン』といった体験を中心とした内容でした。『色分けゲーム』では、本人に分からないよう担任の先生から顔に色のついたシールを貼ってもらいます。シールの色は赤・青・黄色の三色で、そのあと、言葉を使わないで同じ色のグループに分かれるというもの。『バースデーライン』は、学年全員で行いました。誕生日が1月1日に近い人から、円になるように並んでいきます。ひと言も話をせずに、言葉以外のコミュニケーションをとってならびましたクラス毎の『色分けゲーム』も学年全員での『バースデーライン』も、あっという間に完成!大関先生も感心していました。

自分の気持ちも 相手の気持ちも考えることができたら、人間関係のストレスや悩みが、今よりもっと減っていくのかもしれません。そして伝えたいことがあるときは、「言葉に出して言う」ことの他に「言葉を使わないコミュニケーション」があることも思い出して、少しだけ態度に出してみましょう。

1年生の皆さんが、真剣に大関先生のお話を聞いている様子を見て、これから1年生同士の絆が、今よりさらに強くなっていくんだろうなと思えた1時間でした。

1_R 3_R